出会い系サイトとは

広い意味での出会い系は古くから存在していたけれど、インターネットを使った不特定の男女が出会う、いわゆる「出会い系サイト」という意味では1995年頃から始まったと考えられます。 そのころに有名だったのが「エキサイトフレンズ」です。1999年に開始されましたが、最初の頃はPCでの利用がメインでした。 アドレスを交換して"即会う"という感じではなく、趣味や気の合う友達を探すといったのんびりとした使い方をされていました。

出会い系サイトの歴史

出会い系サイトの歴史の一大転換点といえるのはやはり"iモードのサービス開始"と"パケット定額"です。 1999年2月にサービスが始まったiモードは出会い系サイトの爆発的な普及に一役買いました。 iモードメールができたことにより、自分に来たメールに対してすぐに気づき、返信することが可能になったのです。

しかし初期のころは通信データ量が増えるとそれだけ料金が加算される"従量制"と呼ばれるシステムだったためにずっとネットをしていると携帯料金が莫大になってしまう"パケ死"という減少が社会問題にもなりました。 ちなみにパケ死の問題は2003~2004年頃始まった"パケット定額"サービスでほぼ解消しています。 このパケット定額があるからこそいろんな女のこと好きなだけメールするといったことができるようなったといえます。

2000年以降は出会い系サイトの数も急増し、良心的なサイトもありましたが、サクラだらけの全く出会えないサイトも数多く存在しました。 一番多い時で出会い系の業者は都内近辺だけで500社以上あったといわれています。 サイト数はそれの数倍から数十倍です。 ものすごい数ですよね。

エキサイトフレンズは今でもありますが、他に時代を彩った有名出会い系サイトとして「スタービーチ」もあげられます。

スタービーチ

スタービーチは1999年12月に始まり2009年2月にサービスを停止した、1日1,200万アクセスを超えるマンモスサイトでした。

実はスタビは"出会い系サイト"ではなく、"出会い募集掲示板"だったのです。 登録することなく使え、掲示板にそのまま自分のアドレスを載せることができたので、直でやり取りすることがあまりにも簡単にできたのです。

しかも男女とも完全無料で使えたため大人気でした。ちなみにどうやって収益を上げて運営していたかというと、広告収入です。

悪徳業者

出会い系が隆盛を極めるとともに多数の悪徳業者も誕生しました。

サクラサイト

出会い系の体裁をしているけれども、サイト内にはサクラしかいなくて"絶対に出会えない"出会い系サイト。

同時登録(二重登録)

出会い系サイトで完全無料のサイトに登録すると同時に提携している有料サイトにも登録されてしまうことです。 出会えない系サイトの全盛期に流行ったやり方で、規約をよく読むと同時登録のことも書かれており、そちらは有料であることも書かれてある場合もあります。この場合の有料サイトはもちろんサクラサイトであり、メールはバンバン来ますが、やり取りを長引かせて課金させるのが目的であり、会えることはありません。本物の女性ユーザーはいません。

ワンクリック詐欺

URLを1回クリックしただけで画面が切り替わり、"お客様の登録が正常に完了しました。つきましては登録費用100,000円のところキャンペーン中に付き50,000円お支払いください。振込先は・・・"といった請求画面が出てくる詐欺サイトです。

ツークリック詐欺

登録するまでに1回のクリックだけでは契約が成立しないことから、2回クリックさせてから請求画面に移動するワンクリの親戚みたいなものです。効果としては"ワンクリックじゃないですよ"という警察や消費者庁への対策、"複数回確認したのだから払わないといけないのかな"と思わせるユーザーに責任感を抱かせる、などがあります。

フォークリック詐欺

ツークリックのさらに進化版で、請求画面までに4つのクリックを要します。 結果は一緒なのですが、課金するまでにユーザーが4クリックしていることもあり、詐欺サイトと言われにくい効果があります。 発祥も一番新しく金額的にもマイルドになっています。やっている業者や内情などは他のクリック詐欺と同様です。

架空請求

利用しても居ないサイト(アダルトが多い)の料金が未納になっている、延滞しているなどといって料金を請求してきます。 応じないと裁判になって差し押さえをする。住所などの身辺調査や家族や勤務先の情報なども調べると言った脅し文句で折り返しの電話をさせたりお金を振り込ませようとします。

パチンコパチスロ攻略詐欺

webサイトや雑誌にパチンコの機種○○の攻略法!などと宣伝を載せて登録してきたユーザーに価値のある情報と思わせて無価値の情報を売りつける。 登録後は電話やメールでの落とし込みが多く、時として何十万といった高額の情報を売りつける場合もある。もちろん情報は全くあてにならず、購入しても意味はない。しかし時たま大当たりすることもあり、その場合にはまた次回情報でより当たる確率が高いものを教えるといった殺し文句で、より大金を出させようとする。

競馬詐欺サイト

上記のパチンコ詐欺サイトと同様で、当てにならない予想をさも内部情報を知っていたり、八百長レースがあるかのようにみせかけてレース予想を買わせる。もちろん何の根拠もない適当な予想なのでほとんど外れるが、外れてもめげずに次のレースはもっと固い情報があるなどといって無理に情報を買わせる。それ以外にも馬券必勝システムを買わせるといった詐欺もある。

類似サービス

ライブチャット

ライブチャットも出会い系サイトに近い存在です。 PCやスマホで、テレビ電話のように相手の動画を見ながら会話ができます。 出会い系サイトとの一番の違いは相手の姿が見えることです。 出会い系は会うことが最初の目標かつ、最大の難関になりますが、ライブチャットは初めから相手の姿が見えているためにチャットHや会話などの別の目的で利用する人が多いです。

チャットレディとしてアルバイトで働く女性も多く、チャットをすること自体が仕事です。 出会い系のように素人の女の子が居る確率はほぼゼロです。

時間ごとにかかる料金にプラスして、プレゼントや覗きなどのオプションにもそれぞれ料金がかかるシステムになっています。 出会い系サイトよりも時間当たりの料金は高くなりがちです。

婚活サイト

婚活とは結婚活動のことで、ネットで婚活をするためのサイトです。 有名どころのサイトでいうとマッチ・ドットコム、オーネット(O-net)、ユーブライド(youbride)などがあります。 料金は月額でかかり、2500円程度のところが多いです。出会い系、ライブチャットとの一番の違いは女性も有料なところです。 結婚相手を探すために男性だけではなく、女性も本気になっています。

出会えない系・出会える系

人気の出会い系

PCMAX ハッピーメール ワクワクメール が筆頭格。それ以外にも ミントcjメール イククル YYC などがある

出会い系と法整備

出会い系サイト規制法が施行される前は出会い系サイトは完全に無法地帯でした。18歳未満の女子中高生や時には小学生などが売春したり遊び相手を探したり、男もすぐに会ってセックスできる女を求めて利用していました。

さすがにこの無法状態を放置できなくなり、制定されたのが「出会い系サイト規制法」です。正式名称を「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」といいます。現在の形になった規正法は平成20年12月に施行されました。※平成15年からありましたが、強化されました。

規制法の目的は、児童(18歳未満の少年少女)を出会い系がらみでの犯罪や児童買春などから守ることです。 と言いつつも実際は運営者に年齢確認をさせて18歳未満は利用できなくしたり、利用者が18歳未満を対象に性交や金品目的の書き込みをした場合は処罰されるなどの出会い系サイトからの18歳未満の締め出しをしたという形です。

出会い系の運営をお堅く言うと"インターネット異性紹介事業"となるのですが、これをしようとすると届け出が必要になりました。事業を始める前日までに都道府県公安委員会に、所轄警察署長を経由して、届出をしなければなりません。

ちなみにこの出会い系サイト規制法の影響で潰れてしまった有名サイトにスタービーチがあります。

レズビアンやゲイの出会い系

少数ですが、レズビアンやゲイの出会い系サイトも存在します。 http://www.coolboys.jp/ http://bian.appstyle.org/pc/index.php?bbs_id=3 レズビアンであれば普通の出会い系サイトに男として登録する方法もありますが、やはりきちんとした相手を見つけたいのであればそれ専用のサイトで活動した方が確実です。 有料の出会い系サイトの運営者から聞いた話ですが、レズビアンやゲイの人はノンケの人と比べると極端に課金率が高く、金額も多い傾向があるとのことでした。 1つの出会いに対して真剣なんですね。

出会い系にまつわる犯罪

出会い系での事件では、未成年や女性が狙われることが多いです。 平成26年のデータでは出会いサイトを利用して犯罪被害にあった児童は152人で、罪種では、児童買春が最も多く、74人(全体の48.7%)です。 襲われたと想像してしまうが、その他にも美人局や男性が襲われた事件が多いのも特徴的。

援デリ業者

出会い系サイトには一般ユーザー、サクラとは別に援デリなどの業者も数多く登録しています。 最初は一般人を装ってメールして体目的だとわかると金額交渉に入ります。 相場はホテル代別で1.5万円~3万円程度です。 一般女性でも援助目的で登録していることも多いので見分けがつきにくいのも特徴です。

実際に会いに来るのは女性ですが、やり取りをするのはほぼ男性です。 ですので会ってから話すとそれまでの経緯を全く理解していないことがほとんどです。

見分け方としてはプロフィールが不自然(充実し過ぎている)、待ち合わせ場所が不自然(ホテル街、風俗街)、やり取りを少なくしてすぐに会おうとしてくる、などがあります。 また、援デリ業者と見分けがつきにくいのが美人局です。これは金品を巻き上げられたり、暴行の被害に遭うことも考えられますので少しでも怪しいと感じたら、近づかないようにしましょう。

出会い系のサクラのアルバイト

サクラのアルバイトとは、出会い系に登録している女性(男性)のフリをして、ひたすら男性(女性)からのメールに返信するバイトです。 ほとんどが男性で、高時給、好待遇のアルバイト情報につられて応募してきた人たちです。 実際に服装や髪形が自由で時給も高かったので、稼げる人は相当稼いでいました。

求人はネット広告やアルバイト情報雑誌、たとえば「アルバイトJAPAN 」「バイトルドットコム 」などで行われていました。 募集内容は「データ入力」「PCオペレーター」などとなっていました。リクルートの「タウンワーク」「フロム・エー」などは出会い系の募集を載せられないように早めに対策されたが、その他の求人広告は比較的緩く、募集が可能でした。

勤務時間は10時間を超えるように長いことが多く、ひたすらPCの前でメールを打ち続けるために20代前半の若い男性が多い。 実際の女性のメールはそっけないことも多く、興味がない話や、魅力のない男性からの連絡には短文で返したり、下手をすると無視することも多い。 そのためサクラのメールオペレーターは男性の気持ちがわかる男心をくすぐるようなメールのやりとりが求められるのです。

ユーザーをその気にさせてたくさん課金させるテクニックを持つオペレーターは重宝され、時給2000円以上もらえることも珍しくありませんでした。 現在ではサクラを使った、決して出会えない悪質サイトはかなり減ってきています。

運営業者が摘発された場合にはたとえサクラのアルバイトであっても逮捕されますし、不起訴になったとしても23日間拘留されますので全く割に合わない仕事になったといえます。

出会い系のサクラにハマりやすい人

サクラに騙されやすい人の特徴は

  • 優しい人
  • 女性経験の少ない人
  • まじめな人
です。やさしくてまじめな人ほどメールのやりとりをたくさんする中で情が生まれて引き下がれなくなってしまうのです。 例え相手のことを「サクラじゃないのか?」と疑っていても優しい性格だとなかなか言い出せません。 もちろんオペレーターの側もそれをわかっていますので、カモだと思ったら相手が好きな女性を演じてズルズルと関係が続くように仕向けます。 か弱い女性が好きな人にはか弱い女性を。しっかりとした女性が好きなドM男くんにはドS女を演じるのです。

芸能人を装ったサクラ

好きな芸能人と親密な関係になれたら…。と誰しも考えたことがあるはずです。 しかし現実はそう甘くはありません。

けれど、ある日突然、憧れの芸能人からメールが来たらあなたならどうしますか? 「嵐の桜○翔です!」「AKB48の大嶋優子です」といったメールが来て思わず返信してしまったら、すぐに課金請求画面が表示されます。 どうしても気になって一度でも課金してしまうと、後には引けなくなって泥沼に入り込んでしまいます。 芸能人からの直接のメール以外にも、芸能人を装う場合は最初は事務所関係者からメールが来たり、いろいろと手が込んでいます。

その他のサクラ

  • 金持ちの未亡人
  • 遊び人の会社経営者
  • 父母
  • 余命僅かの大富豪

課金のシステム

出会い系サイトの課金システムは現在ではほとんどがポイント制ですが、一部月額制のところもあります。 月額制は料金が月額いくらと決まっていてそれ以外の料金は発生しないのが特徴です。比較的優良な業者も多いですが、いかんせん女性のアクションが鈍く出会い系の主流ではありません。

ポイント制はあらかじめポイントを買っておいてメールの送受信、アドレス交換、写メや動画の閲覧など、アクションを起こすたびに課金されてポイントが消費されていくシステムです。 先払いでポイントを買うサイトがほとんどで、1ポイント=10円などで銀行振り込み、クレジットカード、電子マネー、プリペイドカードなど様々な決済方法があります。 キャンペーンをやっていたり、一度にたくさん購入することでサービスポイントがもらえることが多いです。 PCMAXの男性料金システムです。

掲示板・メール 消費ポイント
受信したメールを読む 0pt
掲示板の書き込みを見る 1pt
書き込む 5pt
過去の書き込みの再投稿 5pt
写真を見る 3pt
動画を見る 3pt
メールを送る 5pt
マジメールを送る(掲示板から) 20pt
写真を送る 0pt
日記 消費ポイント
日記を読む 0pt
日記を書く 0pt
日記感想メール 5pt
コメントする 0pt
日記プロフィールを見る 0pt
日記プロフィールからメール 5pt
日記フォローリストに追加 0pt
チャット 消費ポイント
入室する 1pt
部屋を立てる 5pt
20発言毎(一般) 5pt
10発言毎(ひそひそ) 3pt
プロフィール 消費ポイント
プロフィールを見る 1pt
のぞき見マル秘データを見る 2pt
裏プロフィールを見る 10pt
写真を見る 3pt
プロフィールを編集する 0pt
お気に入りリストに追加する 0pt
プロフィールからメール 5pt
伝言板に書込む 1pt
マジメールを送る 20pt
アルバム機能 消費ポイント
写真を見る 3pt
動画を見る 3pt
写真コンテスト 消費ポイント
写真を投稿 0pt
写真投稿を検索 0pt
写真投稿を見る 0pt
応援メールを送信 0pt
写メコンプロフィールを見る 0pt
写メコンお気に入りリストに追加 0pt
コメントする 0pt
フォト 消費ポイント
投稿写真を見る 0pt
プロフィールを見る 0pt
コメントを書込む 0pt

出会い系サイトのアプリ

現在ではスマホを持っている人が圧倒的に多いですし、PCでの利用よりもスマホで利用する方がやり取りも待ち合わせもスムーズにいきます。 出会いアプリはメールがチャット形式になっていて、スタンプなども豊富なので若い人には好評ですしGPS(位置情報)を使って会う時も便利です。

こう聞くとメリットばかりのような気もしますが、出会いアプリにはデメリットもあります。 アダルト系のコンテンツは全く駄目ですし、いきなりAppストアやgoogleplayから消される可能性もあります。 そして最も大きいデメリットは、ポイントを購入する際に少し割高になってしまう点です。 キャンペーンも通常のサイトの方が頻繁に行われていますのでお金を気にしなくていい人以外は通常のサイトを利用することをおすすめします。

PAGETOP
Copyright © 出会い系サイト超入門! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.